原因とは | 頑固なニキビはスキンケアで充分に改善する事が出来る
荒れた肌

原因とは

顔に出来るニキビは基本的に、皮脂の過剰分泌が原因と言われていますがやはり表面上に出ているので気になる部分でしょう。
症状の改善が出来る化粧品や皮膚科が行なう効果的な治療を進めていけば、いずれニキビに悩まされることも少なくなります。
しかし主に顔への出現が基本であるニキビもお尻に現われることがあります。また見えない場所なので、座った時の痛みや違和感で気づくことが多いです。
お尻に出来るニキビの主な原因として挙げられるのは普段履くことが多いズボン・スカート・下着に隠されています。
特にズボンはスカートよりも摩擦が激しいように思います。その影響でお尻を知らぬ間に傷つけ、ニキビを作り出していると考えられますが改善の為とは言え、下着もズボンも履かないという選択は出来ません。
原因は、お尻にかかる過度な圧迫と摩擦、下着の蒸れによる不衛生が要因なので、根本的な解決をしなければ完治は難しいと思って結構でしょう。
特に、長時間椅子に座ることでお尻にある血管を圧迫しますので血の流れも悪くなる一方です。この状態はお肌のターンオーバーを乱す要因でもあり、大量のニキビをお尻に作り出してしまうのです。
また、お尻は大変蒸れやすい環境にありますので不衛生な状態が長時間続けばより出来やすくなるでしょう。また、素材によってもお尻がかぶれる原因になりますのでニキビがある場合は、ウールやナイロン素材の下着は避けた方が良さそうです。
お尻にニキビが出来る流れとしては、摩擦の為肌を傷つけ、そこに菌が入り込みます。更に悪化していきやがてニキビ発生に至るのが一般的とされています。
この工程でそれぞれのニキビ対策法を適用していけば、潰れて黒ずみになることもないでしょう。